肉離れ

肉離れの見分け方・重症度チェック!

肉離れになった方に「私はどの程度重症なんですか?」とよく聞かれます。

本記事では肉離れの重症度を表にして分かりやすくお伝えします。

 

肉離れの重症度を程度別に分類すると以下の様になります。

損傷レベル 症状・状態
1度
軽症
筋細胞の破壊、筋間損傷
筋断裂なし。患部に圧痛、動作痛、違和感がある。
2度
中等度
筋肉の部分断裂
腫れ、ハッキリした痛み(圧迫時、動作時)、へこみ、内出血がある。
例:ふくらはぎの場合
歩行時、足が地面に着かないように少し持ち上げて引きずる感じでピョコピョコ歩きになるなど。
3度
重症
完全断裂、損傷の多い部分断裂
腫れ、強い痛み(圧迫時、動作時)、へこみ、内出血(受傷後24時間前後で患部や足先の方向に確認)歩くのは無理で、松葉杖での歩行になります。手術が必要な場合もあります。

 

肉離れの重症度 参考写真

ハムストリングスの肉離れ重症度

ハムストリングスは、重症であるほど足が上がりません。

太もも前側(大腿四頭筋)の肉離れ重症度

大腿四頭筋も重症であるほど足が上がりません。

ふくらはぎの肉離れ重症度

ふくらはぎは重症であるほどアキレス腱を伸ばせません。

※あくまでも目安となります。正確な肉離れの診断には病院でMRIや超音波などの検査を受けて下さい。

 

 

肉離れをもっと早く回復させたい方はこちらもどうぞ!

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

hinomi

東京の表参道にある整体院 南青山ひのみ療法院 院長の日見(ひのみ)と申します。上海中医薬大学卒。中国や日本での経験を軸に皆さんのお役に立てる情報を書いていきたいと思います。宜しくお願いいたします。

おすすめ記事

-肉離れ
-

Copyright© hinomiblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.